いざ、行政書士の試験を受験しようと思ったとき、あなたなら何をしますか?

書店へ行って市販のテキストを買い漁る方もいるでしょう。
資格スクールへ行って、講座受講の申し込みをする方もいるでしょうか。

私の場合は、インターネットでたくさんの通信講座について検索し、資料請求をしました。

資格試験に関するビジネスはたくさん成り立っているようで、
市販のテキストも山のように出版されていますし、
資格を取るためのスクールも都市部には多数存在しています。

さらに、インターネットで検索すれば、
さまざまな内容の通信講座についての情報を得ることができます。


そこで、どの選択肢を選べば、合格へとつながるのでしょうか?

これをやれば必ず合格できる、という確証は残念ながらありませんが、
無理せずに勉強が続けられ、試験に必要な知識が確実に身に付くであろう方法をお教えすることは可能です。

それは、自分に合った通信講座を選ぶことです。
まず、試験勉強を始めようと思ったときに陥りがちなのが、
“独学でも合格できるのではないか?”という幻想。


確かに市販のテキストは書店でたくさん揃いますし、
手軽な値段で始められるので、ここから始めてみようと思う方も多いでしょう。

しかし、よく考えてみてください。

市販のテキストの多くは、大手資格スクールから出版されているもの。

これ一冊で合格されてしまっては、スクールへ通う生徒さんが減ってしまいますね。

市販テキストで、試験合格のためのすべてのノウハウを網羅しているものは、
ない
と考えてください。

独学の場合、自分の知識レベルに合わせてテキストを選定し、
さらに学習の進み具合に合わせて問題集を選定し、
自分に足りない分野のテキストを買い足し・・・
といった作業をすべて自分ひとりで行う必要があります。

さらに、この条文は頻出で、この条文はほとんど出題されない、
といった出題傾向は、自らが何度も過去問を解くことでしか分からず、
というひどく非効率な方法を取らざるを得ない、悲劇的な状況にも陥りがちです。


何年も試験勉強を続ける覚悟があるのでしたら話は別ですが、
早めに合格したいと思っているのであれば、資格試験のプロのワザに頼ってみることをおススメします。

そこで、私が選択したのは自宅で学べる通信講座です。
ちなみに、資格試験に強いスクールはありますが、教室は主に都市部に集中しています。

比較的忙しい部類の会社員であり、しかも一番近くの教室まで電車で1時間近くかかってしまう私には、
スクールに通学するという選択肢はありませんでした。


私が選んだ通信講座の場合、試験問題を研究して出題傾向をつかんでいますから、
膨大な試験範囲の中から、無駄だと思われる部分をあらかじめ省いたテキストを提案してくれました。


さらに、無理なくステップアップできるようなカリキュラムが組まれていたので、
法律知識ゼロの私でも挫折することなく続けることができたのです。

スクールへ通学する時間の余裕がないという方は、
自分のレベルや予算に合った通信講座を見つけることが、合格への第一歩になると考えてください。

>>独学で失敗したくない人のための勉強法