勉強する手順

| 学習の流れ |

ここではどのような手順で勉強していけばよいのか解説していきます。
基本的な勉強法ですので、しっかりと内容を確認して下さい。

1、基礎学習
①、テキストに一通り目を通す(細かな用語や意味は無視)
②、しっかりとテキストを読み込む→基礎問題を解く
③、わからなければテキストで再度確認する→また問題を解く
④、②と③を2度ほど繰り返す

2、過去問演習
①、テキストや解説を見ながら、1問、1問問題を理解する
②、テキストや解説を見ないで、全問解いてみる
③、時間を意識しながら問題を解く
④、最低でも3回は復習する

3、模擬試験
①、予備校の模擬試験か市販のオリジナル問題集を解く
②、答えあわせをして、自分の弱点を理解する
③、苦手な科目を徹底的に勉強する


上記が行政書士の勉強をはじめてから、合格するまでの学習の流れです。
全て解説すればきりがないので、ポイントだけ紹介してきます。

まず、基礎学習の②ですが、ここはテキストで覚えた知識を
問題集を使アウトプットする勉強です。
この勉強をすることで、覚えた知識を確実に自分のものにしていけます。

その時に注意してほしいのは、過去問ではなく、あくまでも基礎的な問題を解く事です。

ここで過去問を解こうとしても解けまし、過去問では基礎知識が身に付きません。
それよりもテキストの付いているような簡単な基礎問題を解くことで、
復習にもなりますし、問題が解ける楽しさを感じる事ができます。


次に過去問演習ですが、
④はきっちりおこなってほしいと思います。
行政書士に合格するための秘訣はどれだけ過去問を解いたかです。
その数が多ければ多いほど、合格に近づいていきます。


最後の模擬試験の③は非常に重要です。

模擬試験の一番の目的は、模擬試験を受け事ではなく、
自分の弱点を把握し、克服する事です。

ここでしっかりと追い込みをかければ、短期間でグングン実力を伸ばすことが出来ます。

>>独学で失敗したくない人のための勉強法