行政書士の試験勉強をはじめる際のマインドについて解説していきます。

行政書士に合格するために最も重要なのは、本気で行政書士になりたいかです。
当たり前のように聞こえるかもしれませんが、皆さんここが弱いので、
試験に合格出来ないのです。

すでに解説しように行政書士は難易度の高い試験で、かなりの学習量が要求されます。
そのため、挫折する方が非常に多いのです。

はじめの頃は、絶対に試験に合格するという気持ちがあるので勉強できます。
しかし、それが1月、2ヶ月、3ヶ月となっていくうちに、徐々に勉強する事が
面倒になり、モチベーションも上がらなく挫折しそうになります。

その時に、「絶対に行政書士になりたい」と言う強い気持ちがあれば
勉強を続けていけるのですが、その気持ちが弱いと挫折してしまいます。

では、どうすれば行政書士になりたいという強い気持ちを持てるのでしょうか?
その事に関しては色々な考えはありますが、一番良いのは、
行政書士になってどうしたいのか イメージすることです。

それは何でも良いと思いますが、具体的であればあるほど良いと思います。

例えば、「行政書士1年目から独立して、●●の業界で仕事をして、
年収1千万円を目指す」とか、
「会社を辞めて、行政書士一本で生活していく」など
とにかく、どうしたいか、どうなりたいか目標を持ってください。

もし、何も思いつかなければ、行政書士関連の本を購入して、
どのような仕事をしているのか勉強して見て下さい。
そうすれば、色々なことが想像できると思います。

それでもイメージできない人は、
とりあえず行政書士の試験は諦めたほうが良いと思います。
そのような状況で試験勉強しても合格出来ませんし、
例え合格出来たとしても、 宝の持ち腐れになります。

行政書士の試験勉強をする前に、まずここで解説したことをしっかりと確認して下さい。
非常に重要なことです。

>>独学で失敗したくない人のための勉強法