年収に差が出る理由

| 年収 |

行政書士の年収は、働き方や得意分野によって、大きな開きがあります。
働き方については別項でお話しするとして、ここでは、得意分野についてお話しましょう。


行政書士の仕事は、10000種類以上あるといわれていて、いま現在も刻々と増え続けています。
自動車運送業許可申請、建築業許可申請、保険新規適用申請、在留資格関係の申請、風俗営業許可申請、株式会社、合併会社設立関係……など、ひとつくらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。


これら業務は、内容によって一件数千円から上は70万円以上までと報酬に大きな差があります。

また、報酬自体はあくまで目安で、実際の金額は行政書士自身が自由に決定することができるのです。


では、単価の高い仕事をいっぱいやればいいんじゃないか?と考えがちですが、単価の高い仕事はそもそも案件数が少なく、調査が必要だったり、書類作成が複雑だったりと、時間も手間隙もかかるもの。そう、都合よくはいきません。


かと言って、来るもの拒まずで全てを引き受けるのには無理があります。10000種類以上の分野を網羅して完璧に行うのは、いかに天才的な行政書士でも不可能でしょう。引き受けたものの、きちんと業務を遂行できなかったとなっては、その後、仕事の数はがくんと減ってしまうに違いありません。


もちろん、開業後すぐは自分自身の適正や得意分野も分かりませんし、お客さんをえり好みすることは難しいでしょう。
そのため、しばらくは来るもの拒まずでさまざまな分野をこなし、慣れてきたら自分が得意とする分野をひとつかふたつに決め、「○○に特化した行政書士」を名乗りましょう。


「この案件なら、あの行政書士に頼めば完璧にこなしてくれる!」という評判がつけば、もう、こちらのもの。
口コミでお客さんはどんどん増えていきます。


行政書士の年収をアップさせる一番の早道が「得意分野を作る」ことなのです。


また、中にはあえて、単価が安く簡単なものだけを選び、副業として行政書士をしている人もいます。
こうした行政書士と、得意分野を決めバリバリ働いている行政書士では、年収に違いが出るのは当然です。


どんな働き方も可能なのが、行政書士の魅力でもあります。

>>独学で失敗したくない人のための勉強法