教材等は限られているものの、「あまり手を広げずにコツコツとやりたい人」向き

講座の特長
● TACのテキストを利用して指導
TACが制作した行政書士の基本テキストが講義の中心となります。しかしただ流用するだけではなく、産業能率大学は独自のアレンジを加えて提供してくれます。

●添削とアウトプットが基本
添削を省いていない方式のため、直接できなかったところを教えてほしいタイプの受験者には向いています。そしてアウトプットを多めに行うため、問題演習を通して短期間での合格トレーニングを目指せます(問題集も、丸ごと全部ではないもののTACからかなり提供を受けています)。

●ニュースレターの配信
シンプルな方式とはいえ、情報発信をいっさいやらないわけにはいかない、ということで資格取得をテーマにしたレターを産業能率大学は配信してくれます。

講座の概要
■受講料/54,770円
■講義収録教材/なし
■テキスト教材/TAC作成
■添削指導/5回

管理人の視点
さて、ここでいきなり他の行政書士講座とは打って変わった方式のところを1社だけとりあげてみました。比較という意味では、とても対照的で有効だと思いますから。

この産業能率大学の行政書士講座では、テキストと問題集(答練や公開模試含む)のほかは、試験用の特製の六法やライセンス・スクウェアくらいしか配布しません。それでも、合格する人がいることは確かです。
とはいえTACの教材を提供してもらっていることからわかるように、完全にオリジナルとはいえません。その分、TACよりもだいぶ安値で勉強することができますが。

とにかく、よその教材を使ってはいるものの、安上がりな勉強をしたいタイプにはメリットがありますね。あるいは、たくさん教材があると混乱してしまうタイプや、添削という昔から残る指導方法が大好きなタイプには産業能率大学の行政書士講座はメリットがあるでしょう。

>>独学で失敗したくない人のための勉強法