行政書士に合格するには、スケジュールの立て方が重要です。


まずは目標とする本試験日を知る・本試験までどれだけ時間があるか知る
試験は11月の第2日曜日です。
今年挑戦するのか、それとも来年にするのか、目標を設定してください!

本試験の日程が決まれば、何ヶ月間あるのかわかりますよね?

少なくとも半年以上は見積もっておくべきです。

逆に言うと、本試験まで半年をきっているなら、
翌年の合格を目指したほうが確実かと。


やるべきことをするために必要な時間を設定する
受講する講座によって目安となる学習時間の設定は
違うと思いますので、把握しておきます。
行政書士の学習時間は、最低でも500時間は必要だと考えておきましょう!


それだけの時間が自分にあるのか検証する
さあ、ここが重要です。
試験までの期間と、やるべきことをするための時間、両者が揃っていますか?
簡単な計算で、1日当り何時間勉強すればクリアできるか出せますよね?
その結果、たとえば1日3時間の勉強が必要だとしましょう。
その3時間、あなたにありますか?
もしあるなら、実行可能なスケジューリング、
もしなければ難しいスケジューリングになっているということです。
本試験の目標を一年遅らせるか、時間を作るかいずれかになります。


時間を作る
時間を作らなければならない場合、すでにキツキツな人は、無駄な時間を削ります。
残業を減らす、食事時間を減らす、とにかく無駄をなくします。
そして、ボーとしている時間を有効に使います。
電車での移動時間、お風呂の時間等々。
特にキツキツではない人は、友達と合う回数を減らす、
趣味の時間を勉強にまわす、
それだけで必要な時間が確保できるのではないでしょうか?


スケジュールを作る!
ここまでくれば、あとはスケジュールを組むだけです。
シンプルに言えば、講座のカリキュラムに自分の時間を当てはめる作業ですね。
あたしの場合は、土日を抜かしてスケジューリングし、
計画から遅れてきたら土日で挽回しました。
実際、土曜の午前中はほとんど勉強していました。

>>独学で失敗したくない人のための勉強法