行政書士に合格するには、直前1ヶ月の過ごし方がすごく重要です。

模擬試験からスタート
直前1ヶ月のスタートは、模擬試験です。
本番に近い環境で模擬試験を解いてみます。
時間を計り、できれば試験と同じ時刻に始めましょう!

採点して、自分がどれほどのレベルか受け止めます。
たいていの人がこの段階では良い成績を出せないようなので、落ち込むことはありません。
模擬試験の結果から、自分の苦手箇所を見つけます。それの克服を、1ヶ月かけてやります。


総復習
苦手の克服と同時に、全体の総復習も行います。
フォーサイトには直前対策講座があって、それ用の教材がありました。
それに沿って勉強すれば、難しいことはありません。
よく出題されるところ、間違えやすいところを、徹底的にチェックしていきます。


それとは別に、あたしは過去問で間違えた部分を繰り返し復習したり、
間違った部分やすぐに忘れる部分をまとめたノートで最終確認したりしました。


寝ても覚めても勉強する
最後の1ヶ月は、驚くほど成長するそうです。
模擬試験がだめだめでも、挽回できるほどです。
時間がない、後がない、
そんな思いが信じられないほどの集中力や記憶力を発揮するのでしょう。
と言うことで、時間の許す限り勉強しまくりました。
こんなことは長く続けられないよなあと思いながら。

もちろん、1ヶ月限定だからできたことです。

「落ちたらまた1年勉強しなきゃならない。そんなのいや!!」
こういうパワーもありました。


禁酒、絶交
ノウハウと言いながら強制はしませんが、
あたしは、禁酒と絶交(交友関係を断つ)を実施しました。

願掛けもあったかもです。
友達には、わけを話してそっとしておいてもらいました。

これも、1ヶ月だからできることです。

最後の1ヶ月は、精神的にもかなりつらかったです。
体重測定前日のボクサーみたいな気分でした(^^;


>>独学で失敗したくない人のための勉強法