» 2014 » 4月のブログ記事

報酬額平均はピンキリ?!

| 年収 |

行政書士の年収にばらつきがあるのはすでにお伝えした通り。
そして、その原因のひとつに、行政書士が行う業務の報酬額は、その行政書士が自由に決めていい、というがあります。

では、さっそく具体的な目安金額を見てみましょう。

・建設業許可申請 10万円~20万円
・会社の合併・分割 20万円
・農地法許可申請 5万円
・就業規則 10万円
・宅地建物取引業者免許申請 5万円~20万円
・宗教法人設立 70万円
・宅地建物取引主任者資格登録 3万円
・学校法人設立認可申請 40万円
・国籍取得届等の手続き 10万円
・帰化許可申請 20万円~30万円
・自動車登録申請 1万円
・永住許可申請 10万円
・運転免許申請 2万円
・在留資格取得許可申請 2万円
・旅行業登録申請 15万円
・酒類販売業免許申請 15万円
・風俗営業許可申請 10万円~30万円
・遺言書の起案及び作成指導 5万円
・介護保険施設開設許可申請 50万円
・遺産分割協議書の作成 5万円
・医療法人設立認可申請 50万円
・内容証明郵便作成 1万円~2万円
・産業廃棄物業許可申請 10万円~50万円
・電子内容証明作成 3万円
・契約書作成 3万円
・化粧品製造販売許可 20万円
・告訴状・告発状作成 5万円
・医薬品製造販売許可 50万円
・社会福祉法人設立認可申請 100万円
・医療器具製造販売許可 30万円
・社団法人設立許可申請 30万円
・飲食店営業許可申請 5万円~10万円
・財団法人設立許可申請 50万円
・旅館業営業許可申請 15万円
・NPO法人設立認証申請 20万円
・会社設立 10万円
・任意成年後見契約に関する手続き 5万円 等

よく耳にする業務をざっと挙げただけでも、報酬に大きな差があることが分かります。
当然ながら、業務の難しさや手間に応じて報酬は設定されているので、高額のものを数多くやる……というのは、開業して間もない行政書士には難しいことかもしれません。(将来的にそういうスタンスで仕事を開発していくのは、十分可能です)

また、最近では行政書士の数が増えてきたため、中には「リーズナブル」をセールスポイントにする人も増えてきました。例えば、5~15万円程度までが報酬目安のビザ申請を5,000円で行う行政書士もいます。安く、確実に業務を行えばお客さんはついてきますので、こういうやり方もなくはないのです。

2年に一回、日本行政書士連合会が報酬額のついて調査を行っているので、目安となる金額はありますが、最終的に決めるのは行政書士本人。あなたなら、どの案件を得意分野とし、いくらくらいで請け負うか、今から漠然とでもゴールを決めておくといいかもしれません。

年収に差が出る理由

| 年収 |

行政書士の年収は、働き方や得意分野によって、大きな開きがあります。
働き方については別項でお話しするとして、ここでは、得意分野についてお話しましょう。


行政書士の仕事は、10000種類以上あるといわれていて、いま現在も刻々と増え続けています。
自動車運送業許可申請、建築業許可申請、保険新規適用申請、在留資格関係の申請、風俗営業許可申請、株式会社、合併会社設立関係……など、ひとつくらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。


これら業務は、内容によって一件数千円から上は70万円以上までと報酬に大きな差があります。

また、報酬自体はあくまで目安で、実際の金額は行政書士自身が自由に決定することができるのです。


では、単価の高い仕事をいっぱいやればいいんじゃないか?と考えがちですが、単価の高い仕事はそもそも案件数が少なく、調査が必要だったり、書類作成が複雑だったりと、時間も手間隙もかかるもの。そう、都合よくはいきません。


かと言って、来るもの拒まずで全てを引き受けるのには無理があります。10000種類以上の分野を網羅して完璧に行うのは、いかに天才的な行政書士でも不可能でしょう。引き受けたものの、きちんと業務を遂行できなかったとなっては、その後、仕事の数はがくんと減ってしまうに違いありません。


もちろん、開業後すぐは自分自身の適正や得意分野も分かりませんし、お客さんをえり好みすることは難しいでしょう。
そのため、しばらくは来るもの拒まずでさまざまな分野をこなし、慣れてきたら自分が得意とする分野をひとつかふたつに決め、「○○に特化した行政書士」を名乗りましょう。


「この案件なら、あの行政書士に頼めば完璧にこなしてくれる!」という評判がつけば、もう、こちらのもの。
口コミでお客さんはどんどん増えていきます。


行政書士の年収をアップさせる一番の早道が「得意分野を作る」ことなのです。


また、中にはあえて、単価が安く簡単なものだけを選び、副業として行政書士をしている人もいます。
こうした行政書士と、得意分野を決めバリバリ働いている行政書士では、年収に違いが出るのは当然です。


どんな働き方も可能なのが、行政書士の魅力でもあります。

行政書士の年収に迫る

| 年収 |

「行政書士になったら年収はどれくらいあるんだろう?」
「それだけで食べていけるんだろうか?」
「ぶっちゃけ、儲かるのかな?」……。

行政書士という資格を意識した時に、
上記のような疑問が頭に浮かぶのは当然のことです。

行政書士の年収は、
500万円未満の事務所が約75%といわれています。


この数字の元になったのは、
日本行政書士会連合会・総務部が実施した
『行政書士実態調査』の一部で、約40,000人の行政書士に
アンケートを送付し、約4,500人の回答を集計したものになります。

<年間売上高>

75.9% 500万円未満
11.0% 1,000万円未満
5.9% 2,000万円未満
1.8% 3,000万円未満
0.8% 4,000万円未満
0.8% 5,000万円未満
0.7% 1億円未満
0.1% 1億円以上
2.9% 未回答


どうでしょうか?少ないと感じましたか?
それとも意外と多いと感じたでしょうか?

行政書士の76%ほどが年収500万円未満となっていますが、
この中には副業やボランティアとして働いている人や、
実際はほとんど働いていないという人の数も含まれています。

そのことを考えれば、年収500万円という数字は、
あくまでアンケート上の結果ということが分かると思います。


実際、私の周囲にいる行政書士の方々は、
みなかなり裕福な暮らしをしています
(その代わり、毎日夜遅くまでお仕事が忙しそうですが!)

軽く見積もっても、
年収1,000万円以上の売り上げをしてる方も少なくありません。


行政書士の仕事は、他の士業と異なり取り扱う数が多く、
案件によって報酬金額もバラバラです。
そのため、一口に「行政書士」といっても、
得意分野や働き方次第で大きく差が開くのは仕方のないことなのです。


行政書士とは

『官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務』。

早い話が、役所に提出する書類の作成や代行が主な仕事になります。

行政書士が提出できる書類は約1万種類以上といわれているほどです。


主な内容は、

【会社設立編】
株式会社・NPO法人等の他・医療法人・社会福祉法人・学校法人などの
設立手続またはその代理。

【国際業務編】
帰化許可申請、永住許可申請などの手続き

【権利業務編】
借用書・嘆願書・各種契約書などの作成

【自動車編】
自動車登録・車庫証明・運送業許認可などの手続き

【知的財産編】
著作権の登録・特許・商標の手続き、知的財産の管理・契約

【相続・遺言編】
遺言書・遺産分割協議書の作成、遺言執行の手続き

【離婚編】
養育費・慰謝料・財産分与などの書類作成、離婚に関する手続き


会社を設立したり、国際結婚したり、離婚したり・・・。
行政書士は生活に身近な出来事を扱う業務が多いですね。


これから先の人生、一度は相続・遺言というのも経験するはず。
遺言書がなかったばかりに、
市原悦子のドラマ『家政婦は見た!』の「遺産相続!骨肉の争い!」
みたいになってしまうことも!

金の切れ目は縁の切れ目ってやつですね。



①資格編



Q 行政書士と司法書士の違いを教えてください。
A 行政書士は官公署に提出する書類の作成や手続きが主な業務、
それに対して司法書士は、法務局に申請する登記や供託に関する手続きなどが主となります。試験のレベルは天と地の差(!!)といっても過言ではないです。司法書士は行政書士の3倍覚えることが多いし、まず比べものにならないほど、司法書士の方が難しいです。


Q 行政書士の難易度は?
A 一般的には、行政書士は法律系資格の登竜門といわれているけど、
 (登竜門っていわれると簡単な感じがしますが)実際にそうでしょうか?
現実はそんなに楽に取得できる資格ではないです。
登竜門といわれている理由は、
・受験資格がないこと
・まず最初に行政書士の資格を取って、司法書士や社会保険労務士
とステップアップをしていく人が多いから。
ダブルライセンスで可能性が無限に広がるということですね。
やはり、行政書士の難易度は高いと思います。過去に法律を
勉強した人でも合格までは半年~1年間はかかりますし。


Q 行政書士の合格率を教えてください?
A 行政書士の合格率は毎年ほぼ10%以下です。
 平成23年8.05%
 平成24年9.19%
 平成25年10.10%
しかも受験者はみんなそれなりに学習している人ばかりだから、
その中でこの数字ってことは、どれくらい難しい試験なのかは想像がつきますね。



②勉強編

Q 1日何時間くらい勉強すると合格しますか?
A 一般的に合格するまでの標準学習時間は、最低300時間といわれています。
実際のところは400時間以上と考えてください。
400時間÷180日=2.2時間。半年間、毎日2時間学習すれば合格するという計算になります。
でも半年で合格できる人はほんの一握り。私の考えとして、
平日2~3時間、休日4~5時間を1年以上継続するのが必要だと思います。


Q 記憶力がアップする学習法ってありますか?
A あります。人間の脳は、覚えられる容量が決まっているので、
ある情報が脳に記憶する前に、新しい情報がインプットされると
最初の情報は忘れてしまう可能性が高いです。

ということはどうすればいいのかというと・・・。
最初の記憶を繰り返すこと=復習。
復習することによって、忘れる速さが遅くなります。
逆にダメなのが「一夜漬け」。
このような勉強法だと、いくらやっても記憶力をアップさせることは難しいです。


Q 記述式が苦手です。何か良い方法はありませんか?
A 記述式が苦手という人は多いですね。
記述式が導入されたのは、平成18年からと比較的歴史の新しい分野の問題になります。
記述式を解くには、まず頭に基礎知識がしっかり入っていることが前提。
そして、日ごろから40字程度で文章をまとめるクセをつけておくことが必要です。
記述式問題は配点が高いから絶対に落としてはダメです。


Q 模擬試験はなぜ受けるの?
A 模擬試験を体験することで、緊張が抜け、
本番で実力が出せるようになります。
そして時間配分の練習ができるっていうことも重要です。
模擬試験を受けるにあたって大切なことは、
前日から「明日は試験」という気持ちを持って準備して、
当日は本番同様、時間を計り本試験と同じ時間帯に行うこと。
そして、間違えた箇所は、必ずしつこく復習すること。
これをやらなきゃ、受ける意味がないです。



③試験編

Q 受験者の年齢層は?
A 平成20年度をみると、
 10代⇒1%
 20代⇒23%
 30代⇒31%
 40代⇒25%
 50代⇒14%
 60代以上⇒6%
これを見ると社会人を中心に30~40代が全体の半数以上を占めていることがわかります。
ただ、受験の動機が様々だから比較的幅広い年齢層だといえます。


Q 試験時間はどれくらいですか?
A 試験は全国の会場で、13時~16時まで休憩なしで行われます。
3時間も問題を解き続けなければいけないから、かなりの集中力と体力が必要。
問題が長くて読むだけでかなり疲れてしまいます。
この長い試験時間を体験しておくためにも模擬試験は絶対必要ですね。


Q 縁起の良い朝食はありますか?
A まず、必ず朝食はとってください。
もし普段から朝食は食べない・・・という人がいたら、
これは日常生活から改善していく必要があります。
朝食は、脳の働きを活性化して、回転を良くする効果があります。
そして、縁起の良い朝食ですが、「今日は勝つためにカツ丼」
・・・なんて人もいますが、まずおすすめしません。
なぜならば、カツ丼は油っぽくて消化が悪いからです。
ただでさえ、緊張している朝なのに、
カツ丼を食べたことによって気持ち悪くなってしまったら最悪です。
いつもと同じような食事内容で、腹6分目くらいがちょうどいいです。
私の試験当日の朝食は、カレー+ご飯+味噌汁でした。
朝カレーは目覚めを良くする効果があるので、非常におすすめです。


Q 試験日に熱があったらどうしよう。
A これはたしかに不運ですが、正直いってあまり心配ないです。
熱があっても脳は働きますので。
ただ、風邪薬は眠くなるから禁物、薬は漢方薬にしておいてください。
熱があるないよりは、要は気持ちの問題。
でもその前に風邪対策はしっかりとしておかなきゃダメですね。


行政書士に合格するには、直前1ヶ月の過ごし方がすごく重要です。

模擬試験からスタート
直前1ヶ月のスタートは、模擬試験です。
本番に近い環境で模擬試験を解いてみます。
時間を計り、できれば試験と同じ時刻に始めましょう!

採点して、自分がどれほどのレベルか受け止めます。
たいていの人がこの段階では良い成績を出せないようなので、落ち込むことはありません。
模擬試験の結果から、自分の苦手箇所を見つけます。それの克服を、1ヶ月かけてやります。


総復習
苦手の克服と同時に、全体の総復習も行います。
フォーサイトには直前対策講座があって、それ用の教材がありました。
それに沿って勉強すれば、難しいことはありません。
よく出題されるところ、間違えやすいところを、徹底的にチェックしていきます。


それとは別に、あたしは過去問で間違えた部分を繰り返し復習したり、
間違った部分やすぐに忘れる部分をまとめたノートで最終確認したりしました。


寝ても覚めても勉強する
最後の1ヶ月は、驚くほど成長するそうです。
模擬試験がだめだめでも、挽回できるほどです。
時間がない、後がない、
そんな思いが信じられないほどの集中力や記憶力を発揮するのでしょう。
と言うことで、時間の許す限り勉強しまくりました。
こんなことは長く続けられないよなあと思いながら。

もちろん、1ヶ月限定だからできたことです。

「落ちたらまた1年勉強しなきゃならない。そんなのいや!!」
こういうパワーもありました。


禁酒、絶交
ノウハウと言いながら強制はしませんが、
あたしは、禁酒と絶交(交友関係を断つ)を実施しました。

願掛けもあったかもです。
友達には、わけを話してそっとしておいてもらいました。

これも、1ヶ月だからできることです。

最後の1ヶ月は、精神的にもかなりつらかったです。
体重測定前日のボクサーみたいな気分でした(^^;


過去問で練習しよう

| 過去問 |

続いての行政書士に合格するノウハウは、過去問練習です。

通しで3回解く
必勝法としては、通しで3回解くことをおすすめします。
これは、行政書士にかかわらず、あらゆる試験に挑戦する人が口を揃えることです。
時間がなくても、少なくとも2回は解きましょう!
私は3回解いて、さらに間違った箇所を繰り返しやりました。
基礎を学ぶ時間の2倍近くかけたと思います。

難しいしイライラするようなこともありましたが、何とかクリアしました。


問題の意図を理解する・回答の理由も答えられるようにする
問題を解くときは、問題の意図と、回答の理由を考えながら解きました。
まったく同じ問題が出題されるなら
そこまで一問に時間をかける必要はないのかもしれませんが、
違う問われ方をしても答えられるようにしておかないと得点できません。

過去問からの出題が多いと言っても、答えの丸暗記では意味がありませんからね。


ここが本番!時間は十分にとる
資格の試験では、過去問こそが学習の要です。
過去問がきっちり解けるようになれば、本試験も解けるレベルです。

かといって、もちろん基礎を飛ばしてはだめです。
基礎の土台の上に過去問がこなければ、本試験問題に太刀打ちでいません。


計画通りに勉強が進められれば問題ありませんが、途中で遅れてきたとします。

その場合、過去問の時間は削ってはいけませんよ。
なぜなら、くどいようですが過去問の練習こそ重要だからです。
そういう時は、基礎をさっと終えてしまいましょう!
完ぺき主義では時間がかかりすぎるかもしれません。


基礎はしっかり覚えるべきですが、過去問練習に入ってからもできることです。
過去問を解くことで、頻出問題がわかり、
何が大切で何がそうでもないかも知ることになります。
それから基礎の甘い部分をカバーしても遅くはありません。

基礎はほどほどにして、過去問練習の時間を十分にとってみてください。

続いての行政書士に合格するノウハウは、暗記法です。

声に出して覚える
最初のうちは、慣れない法律用語ばかりなので、
単語を声に出したり、テキストを読み上げたり、
声に出して覚えるようにしました。

テキストを目で追っていて頭に入らないようなときもグッド。
使わない知識は忘れてしまうので、
独り言でも言葉として使うのが暗記に効果的なんだと思います!


書いて覚える
声に出して覚えるのと理屈は同じですが、書くことも暗記に役立ちます。

DVDを見ながらメモを取ったり、なかなか覚えられない用語を繰り返し書いたり
(子供の頃の漢字の練習のように)、よく忘れる部分をノートにまとめたり・・・。

頭ではうっかり忘れたときも、手が覚えていることもありましたよ。


問題を解いて覚える
フォーサイトの教材の中には、チェックテストや確認テストのように、
基礎を学びながら要所要所で知識を定着させるためのテストがあります。

ただひたすら暗記をしても、本当に覚えているのかどうかもあいまいです。
ですから、テストをやってさらに記憶を深いところまで浸透させていきます。
繰り返しやるうちに、覚え方も自分なりに体感します。


繰り返しやって覚える
とにかく、繰り返し学ぶことは大切です。
繰り返しやることは忘れません。習慣などがそうです。

フォーサイトでは、その繰り返すという行為を、
さまざまな方法で指示してきます。

DVD、テキスト、チェックテスト、確認テスト・・・。
同じ部分の勉強でも、いろんなことをやるうちに、
どんな問われ方をしても答えられるようになってきます。


人に説明して覚える
究極の暗記法として、人に説明して覚えるというのがあります。
説明することで自らの理解度を知り、
説明するという行為自体が経験として記憶の定着を手伝います。

おしゃべりで物知りな人が近くにいませんか?
そういう人は、よく人に話を聞かせるため、
そのたびにネタが頭に定着していくのです。
時々、同じことを何度も言う人がいますよね?

あれは記憶力が良いのか悪いのか・・・?

行政書士に合格するには、スケジュールの立て方が重要です。


まずは目標とする本試験日を知る・本試験までどれだけ時間があるか知る
試験は11月の第2日曜日です。
今年挑戦するのか、それとも来年にするのか、目標を設定してください!

本試験の日程が決まれば、何ヶ月間あるのかわかりますよね?

少なくとも半年以上は見積もっておくべきです。

逆に言うと、本試験まで半年をきっているなら、
翌年の合格を目指したほうが確実かと。


やるべきことをするために必要な時間を設定する
受講する講座によって目安となる学習時間の設定は
違うと思いますので、把握しておきます。
行政書士の学習時間は、最低でも500時間は必要だと考えておきましょう!


それだけの時間が自分にあるのか検証する
さあ、ここが重要です。
試験までの期間と、やるべきことをするための時間、両者が揃っていますか?
簡単な計算で、1日当り何時間勉強すればクリアできるか出せますよね?
その結果、たとえば1日3時間の勉強が必要だとしましょう。
その3時間、あなたにありますか?
もしあるなら、実行可能なスケジューリング、
もしなければ難しいスケジューリングになっているということです。
本試験の目標を一年遅らせるか、時間を作るかいずれかになります。


時間を作る
時間を作らなければならない場合、すでにキツキツな人は、無駄な時間を削ります。
残業を減らす、食事時間を減らす、とにかく無駄をなくします。
そして、ボーとしている時間を有効に使います。
電車での移動時間、お風呂の時間等々。
特にキツキツではない人は、友達と合う回数を減らす、
趣味の時間を勉強にまわす、
それだけで必要な時間が確保できるのではないでしょうか?


スケジュールを作る!
ここまでくれば、あとはスケジュールを組むだけです。
シンプルに言えば、講座のカリキュラムに自分の時間を当てはめる作業ですね。
あたしの場合は、土日を抜かしてスケジューリングし、
計画から遅れてきたら土日で挽回しました。
実際、土曜の午前中はほとんど勉強していました。

開業にはメリットもいっぱい! 勇気を持って一歩を踏み出そう

行政書士の魅力について語る上で、
最も注目すべき点としてこの資格が独立開業型であることが挙げられるでしょう。


宅建や社労士のように、会社員がこの資格を持っていても
これを活かして仕事をすることはできません。


行政書士事務所に就職するか、
独立して開業するしかこの資格を活かす方法がないのです。


しかし、前のページでも少しお話しましたが、
この資格の魅力は独立の際に比較的リスクが少ないということ。


パソコンやプリンター、FAXや打ち合わせのできるテーブル
などがあれば、手軽に自宅の一室で開業することもできるのです。
(ただし、将来大きな専門事務所を開設したいとか、高収入を狙いたいという方には、自宅開業はおすすめしません)


そこで、実際に開業した私の経験から、
開業時に注意すべきポイントや努力すべきポイントをまとめてみました。


point8_2s開業時の初期費用はできるだけ低く抑える
point8_2s詳細な業務内容が明記された名刺を作り、配りまくる
point8_2s近隣の士業の先輩に挨拶をしておく
point8_2s自分の専門分野を決めておく

開業時に一番心配なのはお金の問題。
開業したことを周囲に認知されるまでは、
当然のことながら仕事がありません。

つらい時期をうまく乗り越えるためにも、
できるだけ出費を避けるのがベストです。

賃貸物件で事務所を借りるという場合には、
駅前の好立地を選ぶ必要はないので、
できるだけ家賃が安く快適に仕事ができる物件を探しましょう。


営業は身近なところから。
ご近所さんであったり、友人やママ友だったり、
道端でばったり出会った昔の知り合いにも、
とにかく名刺を配ってアピールしましょう。

名刺を手渡すと大抵の場合は、
行政書士の仕事内容についてたずねられるはずですので、
詳細な業務内容を名刺に書いておくとより効果的です。


なお、近隣で開業している弁護士や司法書士などの
先輩に挨拶をしておくと、後に好都合となる場合が多いです。

仕事を回してもらえたりすることもあるので、
同じ行政書士の先輩にも挨拶しておくことを忘れないように。


最後に、一番大切なのは自分の専門分野を決めること。

専門分野は、自分が開業するエリアのニーズなどを
考えて決めることもできますが、重要なのは
自分がその分野に興味が持ち続けられるかどうかです。

世相によって依頼内容も変化していくでしょうから、
自分の専門分野に関してどんな変化にも対応できるよう
常に学習し、スキルを磨いていく必要があるからです。

専門分野が決まれば、自信を持って業務に携わることができますし、
依頼主からもより信頼を得られ仕事も増えるでしょう。


私の場合、開業して1~2年は
金銭的に厳しい状態が続きましたが、3年目から収入が増え
(契約書や車庫証明など細かな仕事が多いですが)、徐々に安定してきています。