» 勉強時間のブログ記事

行政書士の勉強時間を語る上で理解してほしいのは、個人差があるので、
どのくらい勉強すれば合格できるという基準がないということです。


ただ、目安がなければ学習計画が立てられず、勉強が進んでいかないので、
これから紹介する行政書士の勉強時間はあくまでも一つの目安として捕らえてください。


一般的に行政書士に合格するための勉強時間は、
独学で800時間~1000時間くらいと言われています。

仮に800時間だとして、毎日3時間勉強しても、
約9ヶ月間は勉強を続けなければいけません。
もちろん、800時間勉強しても合格できる保証はありませんし、
むしろ不合格になる可能性の方が高いともいえます。

まぁ、800時間が少ないか、多いか人それぞれ感じ方は違うと思いますが、
一般的に言えば、決して少ない勉強量ではないと思います。

しかし、あくまでも上記は独学で勉強した時間ですので、
通信や予備校を受講すれば、もっと少ない勉強時間で合格出来る可能性もあります。


後は、あなたがどう考えるかです。
800時間~1000時間かかっても独学で勉強したい思えばそうすれば良いですし、
そこまで勉強する気力がなければ、通信・予備校を受講すれば良いでしょう!

結局のところ、通信・予備校を受講すると言う事は、
お金を使って時間を買うということです。

ここは非常に重要なポイントです。

このサイトでは何度も言っているように、独学は推奨していません。

その理由は、勉強がわからなくなるからとか、講義が視聴できないとか色々ありますが、
一番の理由は、時間がかかるからです。


行政書士の試験で一番の敵となるのが挫折する事です。
その挫折する最も大きな要因は、時間がかかるからなのです。

もし、行政書士の試験が10時間の勉強で合格できるなら、誰も挫折しません。
しかし、これが1000時間といえば、気が遠くなり挫折してしまうのです。

どのような勉強をするかは個人の判断なので、こちらで強制することはできませんが、
一つだけ言わせて貰うと、合格できないほとんどの人は独学だということです。