» 行政書士の魅力のブログ記事

試験は誰でも受験可能! 独立すれば自由に仕事ができます!

20代後半で一念発起して行政書士試験に挑戦し、30歳でいきなり開業した駆け出し行政書士である私から見て、行政書士の資格の魅力というのは大きく言うと2つあるように思います。

●受験資格が規定されていないので、性別や年齢の制限なく誰でも受験できる



特に学歴もなく、30歳目前までごく普通のサラリーマンとして
生きてきた私のような人間あっても、自由に受験できる国家資格というのは、
それだけで魅力的なもの。

実際に試験会場に言ってみると、
10代から60代ぐらいまでさまざまな年齢の方が試験を受けていて、
この資格の人気の高さがうかがえました。


誰もが合格できるわけではありませんが、
そのチャンスが誰にでも開かれている、というのが
この資格の魅力のひとつであることは間違いないでしょう。


●独立開業型の資格で、取得すれば自宅で開業することも可能

会社員の副業として行政書士の業務を行うことはできませんので、
この資格を活かすには独立開業するしかありません。

しかし、特にこれといった設備投資もいりませんので、
パソコンやプリンターなどの最低限の設備があれば、
自宅で気軽に開業できるのもこの資格の魅力。


今は大企業でも倒産しないリスクは少ないですし、
いつリストラされるかもわかりません。

独立するというのはかなり勇気のいる決断ではありますが、
行政書士という職業ならば、ほかの自営業に比べて
リスクが少なくすむという利点があるのです。

また資格を保有しているだけで、会社をいつ辞めても安心
という安堵感も手に入れられます。


●営業努力によっては高収入も夢ではない!?

まだ私は実現していませんが、
人によっては年収1000万円クラスの行政書士さんも多数いると聞いています。

開業しているといっても働き方のスタンスは
人それぞれですので、収入もさまざまになるとは思いますが、
コンスタントに仕事が入ってくるようになれば、
同年代のサラリーマンと比べても
引けをとらないだけの収入を得ることは可能なはずです。


あくまで本人の努力次第の話ではありますが。