» 試験概要のブログ記事

まずは順序良く行政書士の試験情報から紹介していきます。

【試験日】
●毎年11月第2日曜日に実施されます。


【受験資格】
●なし(誰でも受験することが可能)


【試験科目】
■法令科目(出題数46題)
・行政書士の業務に関し必要な法令等(46題)
・憲法、民法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心とする)、商法(会社法)、基礎法学
■一般知識(出題数14題)
・政治・経済・社会 ・情報通信・個人情報保護 ・文章理解


【試験の方式】
●択一式及び記述式
※記述式は40字程度で記述するものを出題します。


【合格基準】
以下の要件、全てを満たしていること。
・行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50%以上である。
・行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40%以上である。
・試験全体の得点が、満点の60%以上である。


【受験料】
7,000円


【願書の配布・申し込み・問い合わせ先】
・郵送配布
配布期間:8月上旬~下旬まで
希望者の請求に応じて、行政書士試験研究センターから希望者に郵送されます。
・窓口配布
配布期間:8月上旬~上旬まで
各都道府県の庁舎内、各出先機関、各行政書士会でも入手できます。
http://gyosei-shiken.or.jp/

以上が行政書士試験の概要です。
細かなところを見落とさず、一応全ての項目をチェックして下さい。