» 難易度のブログ記事

行政書士の難易度は

| 難易度 |

行政書士の試験対策に必要な情報の1つは、行政書士の難易度です。

この行政書士の難易度を知る事により、試験勉強に対しての心構えや
学習方法を読み取る事が出来ます。

では、行政書士の合格率を見ていきながら、試験の難易度を検証していきましょう!

平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%


このサイトを見てくれているあなたが、どのくらい行政書士の知識があるかわかりませんが、
上記の合格率を見れば、難易度の高い試験だとわかると思います。
直近6年間で見てみますと、平均合格率8.24%です。

つまり、100人受験して9人も合格できないと言う事です。


また、不合格者の中には、法学部出身者も多数います。

皆さんは、このような試験に合格しなければならないのです。
もしかしたら、「私には合格は無理だ」と諦めてしまう方もいるかもしれません。

しかし、例えあなたが行政書士の知識がまったくない初級者であっても
合格出来る可能性は十分にあります。


その理由は、
●受験資格がないため、様々な受験者が集まり、まぐれ合格を狙う方が多い
●他の法律系を受験するためのお試しとして、試験の雰囲気を感じるための受験者が多い


などいったことがあります。


行政書士は人気資格でありながら、受験資格はありません。
そのため、まぐれ合格を目指してとりあえず受験する方が多いのです。

また、行政書士は法律系の資格の登竜門であることから、
しっかりとした試験対策をしないまま、試験の雰囲気を味わうために受験する方が多いのです。

これはある行政書士の講師から聞いた話ですが、
行政書士の受験者でしっかりと試験対策をしているのは、
全体の3割くらいと言っていました。

つまり、行政書士の合格率が低いのは、試験が難しいと言うよりも、
受験者のレベルが低いからだということです。


ですから、どんなに初級者であっても、試験対策をしっかりと行なえれば、
十分に合格できてしまいます。


もちろん、簡単な試験ではありません。
とても難易度の高い試験です。


しかし、きちんとした考えの下、しっかりと学習すれば行政書士は
絶対に合格できる試験なのです。