組織の新しさ、コストパフォーマンスで評価したい会社。

講座の特長
●全55回での講座を修了できます。
エル・エー行政書士講座は、講義49回、答練11回の全60回で構成。合格とスピードを両立させるために、効率的なカリキュラムの組み立てを行っており、通信講座の講義は、全60回で、一通り修了できます。

●市販の基本書や問題集を効果的に組み合わせた教材
エル・エーの講座教材は、市販の基本書や問題集を効果的に組み合わせて制作されています。(2012年度テキストは日本経済新聞出版の『うかる!行政書士』シリーズが中心)。そのことにより通信講座を安く提供しています。また同時に、通学講座のテキストにありが、作成者の個性による不安定性、偏りを排除して、受験生にとってなじみやすい教材づくりをしています。

●Web質問24時間受付
質問をしたらすぐに回答が返ってくるわけではありませんが、受付は24時間行われています。講師が直接回答をしてくれます。


講座の概要
■受講料/109,000円  ■受講期間/3ヵ月 ~11ヵ月 ■講義収録教材 DVD(55枚)(通信講座用に制作された内容です) ■テキスト教材/市販の教材 ■スクーリング/なし ■教育訓練給付制度/なし


管理人の視点
管理人は、独学(市販の教材を使った学習)は、どちらかといえばお薦めしない主義です。通学校や通信講座のテキストに比べ、市販のテキストは情報量が膨大となり、重要箇所がぼやけてしまうからです。

ではなぜ、市販教材をベースにして教材を作成している、L・A(エル・エー)をセレクトしたかといえば、ベースは市販教材であっても、その内容が絞り込まれていて、市販のそれとは別物になっている気がするからです。講義49回という講義回数の少なさが、プラスの意味でそのことを物語っている気がします。

そして、市販教材にはない、通信講座用に制作された講義メディアをついています。もちろんスクーリングは受けられませんが、それでも109,000円の受講費のコストパフォーマンスは非常に高いと評価したいと思います。

合格実績を公表していないのが気になりますが、ネットの口コミでも良くない評判は聞こえてきません。平成18年設立の若い会社ということを思うと、経営努力がよく見えます。
なるべくお金を掛けずに通信講座を受講したい方にはお薦めの会社です。


>>独学で失敗したくない人のための勉強法